消防団、自主防災組織、災害ボランティア、防災グッズなどから防災・減災を考えるブログ

【第4類】自動火災報知設備の構造・機能

自動火災報知設備の構造・機能・整備

感知器の種類

感知器は、防火対象物の警戒区域に設置され、火災の熱、煙、炎を検知して火災信号を受信機に送り、火災の発見を報知します。感知器として代表的なものは、熱感知機煙感知器炎感知器がある。

熱感知機 差動式 スポット型(1種・2種)
分布型 空気管(1種・2種・3種)
熱電対(1種・2種・3種)
熱半導体(1種・2種・3種)
定温式 スポット型(特種・1種・2種)
感知線型(特種・1種・2種)
熱複合式 スポット型 多信号機能
補償式(1種・2種)
熱アナログ式 スポット型
煙感知器 イオン化式 スポット型(1種・2種・3種)
光電式 スポット型(1種・2種・3種)
分離型(1種・2種)
煙複合式 スポット型
イオン化アナログ式 スポット型
光電アナログ式 スポット型
分離型
炎感知器 紫外線式 スポット型
赤外線式 スポット型
紫外線赤外線併用式 スポット型
炎複合式 スポット型

熱感知機

熱の検出方式によって、定温式差動式および補償式がある。定温式は特種が、差動式と補償式は1種が最も感度が良い。

定温式の熱感知機

火災の熱により一定の温度以上になると作動する。一局所の周囲の温度を感知するスポット型と外観が電線状の感知線型がある。

  • 定温式スポット型熱感知機
    定温式スポット型熱感知機

引用元:日本火災報知機工業会

差動式の熱感知機

火災の熱によって空気室(感熱室)内の空気が暖められて膨張することでダイヤフラムが押し上げられて接点と接触し、火災信号を受信機に送る。

  • 差動式スポット型熱感知機

差動式スポット型熱感知機

引用元:日本火災報知機工業会

補償式、熱複合式の熱感知機

補償式とは、一定の温度以上になると作動する定温式の機能と、火災の熱で一定の温度上昇率以上になると作動する差動式の両機能を備えている。また、補償式と同じく両機能を備えた熱複合式は、定温式と差動式のどちらで感知したのかを受信機で判別できる

煙感知器

煙の検出方式によってイオン化式光電式がある。共に1類から3類まで区分され、1類が最も感度が良い。

光電式の煙感知器

火災の煙による光の乱反射または遮光を検出し、火災信号を受信機に送る。

  • 光電式スポット型煙感知器

光電式スポット型煙感知器

  • 光電式分離型煙感知器

光電式分離型煙感知器

引用元:日本火災報知機工業会

イオン化式の煙感知器

火災の煙による空気の電離状態の変化を検出し、火災信号を受信機に送る。スポット型のみ。なお、イオン化式の煙感知器は放射性同位元素装備機器に該当するため、廃棄の際は注意が必要。

炎感知器

検出する光の種類によって紫外線式赤外線式がある

  • 赤外線式・赤外線式スポット型炎感知器

紫外線・赤外線式スポット型炎感知器

引用元:日本火災報知機工業会

受信機と発信機

受信機とは

受信機は、感知器や発信機からの火災信号を受信し、主音響と地区表示により火災の発生とその場所を知らせる。火災信号の受信方式によって、P型とR型がある。その他、消防機関へ報知するM型や、ガス漏れ信号を受信し報知するG型、注意表示が行えるアナログ式がある。受信機の仕様は以下のとおり。

  • 主電源装置、試験装置は受信機の前面に設ける
  • 2回線から火災信号を同時に受信した場合も火災表示を可能とする
  • 定格電圧が60Vを超える受信機の金属製外箱には、接地端子を設ける
  • 主電源では90%以上110%、予備電源では85%以上110%以下の範囲で電圧が変動しても、機能に移住尾を生じない
  • 自動試験機能を有する場合、作動条件は容易に変更できない
  • P型、R型の火災信号受信から火災表示までの所要時間は5秒以内G型の場合は60秒以内
  • P型1級受信機が火災信号を受信した場合は、赤色の火災灯を自動表示する
  • G型受信機がガス漏れ信号を受信した場合は、黄色のガス漏れ灯を自動表示する
  • 蓄積式受信機の場合、蓄積時間は5秒を超え60秒以内とする。また、蓄積型の感知器や中継器と一緒に設ける場合は以下のとおり
    • 感知器、中継器、受信機の蓄積時間の合計が60秒以内
    • 煙感知器以外の感知器を設ける場合、中継器、受信機の設定累積時間の最大時間合計が20秒以内
P型受信機
P型1級 P型2級 P型3級
1回線
多回線 1回線 2~5回線 1回線
火災表示試験
火災表示の保持装置
予備電源
地区表示灯
火災等(赤色)
電話連絡装置
導通試験装置
回線数の制限 なし 1回線 5回線以下 1回線 1回線
地区音響装置(dB) 90以上 90以上 90以上
主音響装置(dB) 85以上 85以上 85以上 85以上 70以上

P型の受信機は、火災信号や火災表示信号を共通の信号として、設備作動信号を共通もしくは個別の信号として受信し報知する。性能に応じて1級~3級があり、火災の発生を警戒区域ごとに1回線で区別している。

  • P型1級:最も一般的な火災受信機。受信すると地区表示灯が点灯し、主音響と地区音響設備が鳴動する。必要に応じて非常放送設備や防火防排煙設備、消火設備などを起動する
  • P型2級:保守点検用の電話機能と断線監視機能が無い。比較的小規模の建物に設置されるもので最大5回線
R型受信機

信号の受け方がP型と異なる。火災信号、火災表示信号もしくは火災情報信号を固有の信号として、受信または設備作動信号を共通もしくは固有の信号として受信し報知する。

発信機とは

人が火災を発見した場合に、手動で火災信号を発信する装置でP型T型に分類される。屋内消火栓の消火ポンプを起動するスイッチを兼ねる場合もある。発信機の仕様は以下のとおり。

  • 火災信号は、押しボタンスイッチが押されたときに伝達される
  • 押しボタンスイッチが自動的に元の位置に戻らない構造の発信機は、スイッチを元の位置に戻す操作を忘れない措置を講ずる
  • 押しボタンスイッチの前方に保護版を設け、保護版を破壊または押し外すことにより押すことができる
  • 保護版は透明の有機ガラスを用いる
  • P型の外箱の色は、赤色である
P型発信機

押しボタン式で1級と2級がある。P型2級は受信機との通話用電話ジャックおよび信号受報表示ランプを備えていない

T型発信機(非常電話)

受信機との間で通話ができる。受話器を上げると信号を発信する。

中継器と地区音響装置

中継器とは

R型受信機システムの1つで、感知器、発信機から発せられる火災信号を受信して、受信機もしくは消火設備、排煙設備などに火災信号を送信する。中継器の仕様は以下のとおり。

  • 受信から発信までの所要時間は5秒以内
  • 地区音響装置を鳴動させる中継器は、受信機で操作しない限り鳴動を継続させる。
  • 不燃性または難燃性の外箱で覆う
  • 電力を受信機や他の中継器から供給している場合は、保護装置(ビューズ、ブレーカーなど)を設ける
  • 電力を受信機や他の中継器から供給しない場合は、保護装置と予備電源を設ける
  • 定格電圧が60Vを超える場合は、接地端子を設ける
地区音響装置とは

建物内の各所に設置され、火災信号を受けて鳴動するベルのことで、初期消火と避難を促す。地区ベル非常ベルともいう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Follow Me!

PAGETOP
Copyright © 防災ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.