広報・啓発

秋の全国火災予防運動

11月9日~15日の期間、秋季全国火災予防運動が実施されます。 総務省消防庁発表によると、火災予防運動の目的は、「火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を 図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、 財産の損失を防ぐこと」としています。 また、火災予防運動の重点目標として、 住宅防火対策の推進 放火火災防止対策の推進 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底 製品火災の発生防止に向けた取組の推進 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導 ...

「防災の日」と「防災週間」

「防災の日」・「防災週間」とは? 「防災の日」および「防災週間」は、政府、地方公共団体等防災関係諸機関をはじめ、広く国民が、台風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波等の災害についての認識を深めるとともに、これに対する備えを充実強化することにより、災害の未然防止と被害の軽減に資するために、昭和57年5月11日の閣議了解で設けられました。 毎年9月1日を「防災の日」とし、この日を中心とする8月30日~9月5日の「防災週間」には、全国的に防災に関する様々な行事が開催されます。 また、「防災週間」に合わせて、通信 ...

春の全国火災予防運動

3月1日~7日の期間、春季全国火災予防運動が実施されます。 総務省消防庁発表によると、火災予防運動の目的は、「火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を 図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、 財産の損失を防ぐこと」としています。 また、火災予防運動の重点目標として、 住宅防火対策の推進 放火火災防止対策の推進 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底 製品火災の発生防止に向けた取組の推進 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の ...

「防災とボランティアの日」と「防災とボランティア週間」

「防災とボランティアの日」・「防災とボランティア週間」とは 毎年、1月17日は「防災とボランティアの日」、1月15日~21日は「防災とボランティア週間」です。 「防災とボランティアの日」及び「防災とボランティア週間」は、平成7年1月17日に発生した「阪神・淡路大震災」を踏まえ、閣議了解(平成7年12月15日)により設けられました。 災害時におけるボランティア活動及び自主的な防災活動についての認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることとされています。 「防災とボランティアの日」及び「防災とボラン ...

11月5日は「津波防災の日」

11月5日は「津波防災の日」です。 2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震による甚大な津波被害を踏まえ、同年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」において、広く津波対策についての理解と関心を深めることを目的として、毎年11月5日を「津波防災の日」と定めています。 11月5日は、江戸時代(1854年)に中部地方から九州地方の太平洋沿岸に大きな津波被害をもたらし、『稲むらの火』のモデルにもなった安政南海地震の発生した日に因んだものです。 「稲むらの火」については、こちらで詳しく紹介しています。 ...

© 2021 防災ラボ Powered by AFFINGER5