自衛消防技術試験

自衛消防技術試験とは

自衛消防技術試験とは、一定規模以上の防火対象物で自衛消防業務に従事する人の能力認定方法として、東京都の火災予防条例により「自衛消防技術認定試験制度」を設け、防災センターにおいて監視、操作等の業務に従事する者や自衛消防活動の中核となる要員(自衛消防活動中核要員)としての資格を認定する試験です。試験の合格者には東京消防庁より自衛消防技術認定証が交付されます。

自衛消防技術認定証を有する者が必要な防火対象物
  1. 火災予防条例 第55条の5に規定する一定規模以上の防火対象物には、自衛消防技術認定証を有する者を自衛消防活動の中核となる要員(略して「自衛消防活動中核要員」という。)として、用途や規模ごとに定められた人数以上、配置しなければなりません。
  2. 火災予防条例第55条の2の2に規定する一定規模以上の防火対象物には、防災センター要員講習修了証の交付を受け、かつ、自衛消防技術認定証を有している者のうちから、防災センターにおいて監視、操作等の業務に従事し、及び災害が発生した場合に自衛消防の活動を行う者を置かなければなりません。(火災予防条例第55条の2の3)
  3. 火災予防条例第50条の3に規定する地下駅舎では、自衛消防技術認定証を有する者のうちから自衛消防の組織の長又はこれに準ずる者を定めなければなりません

出典:東京消防庁ホームページ

試験日程や受験案内など詳細は、東京消防庁のホームページでご確認下さい。

当サイトに掲載している情報は、自衛消防技術試験の受験に際して学習した内容をまとめた個人的な学習・受験の記録であり、法律の改正等により現状と異なる場合など、内容については当方では一切責任は負えませんので、その旨ご理解のうえ、当サイトをご利用下さい

試験問題集

練習問題はこちら

© 2021 防災ラボ Powered by AFFINGER5