消防団、自主防災組織、災害ボランティア、防災グッズなどから防災・減災を考えるブログ

消防関係法令

試験のポイント

消防設備士試験の筆記試験の受験科目のうち、消防関係法令は各類に共通する部分から6問、各類に関する部分から4問の合計10問が出題されます。

まず、用語について、「防火対象物」「特定防火対象物」「複合用途防火対象物」「無窓階」「関係者」の定義は最低限覚えましょう。また、免状の書き換え・再交付の申請先などの資格制度、消防用設備の工事や整備・点検に関する届け出の時期や頻度などについてもよく理解する必要があります。

一部免除の落とし穴?

受験する類以外の類の消防設備士資格を保有している人は、受験申込時の申請により、消防関係法令のうち「各類に共通する部分」が免除されます。また、保有資格によって基礎的知識(機械、電気等)も免除される場合もあります。ただし、この一部免除はメリットばかりとは言い切れないところがありますので注意が必要です。

例えば、甲種または乙種第5類を保有していて乙種第6類を受験する場合で考えてみると、消防関係法令10問のうち「各類に共通する部分」の6問と、機械に関する基礎的知識の5問全問が免除されます。一見すると試験範囲が狭くなるので学習量を減らすことができて負担が減ると思いきや、消防関係法令は類別の4問しか出題されないので、40%以上の成績とするためには、2問以上正解しなければならず(逆の言い方をすると、2問しか間違えられない)余裕がなくなります。また、全体で60%以上の成績とするためにも、出題数が多い方が有利だと思いまので、あえて免除を適用しないほうが合格への近く道かもしれません・

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Follow Me!

PAGETOP
Copyright © 防災ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.