消防団、自主防災組織、災害ボランティア、防災グッズなどから防災・減災を考えるブログ

筆記試験問題集

試験の方法

消防設備士試験には、甲種、乙種ともに筆記試験と実技試験があり、出題数は以下のとおりです。試験時間は、甲種が3時間15分、乙種が1時間45分となっています。

消防設備士、電気工事士、電気主任技術者、技術士等の資格を有する場合は、申請により試験科目の一部が免除になり、その場合の試験時間は短縮になります。

種類 筆記試験科目 種別
特類 第1類 第2類 第3類 第4類 第5類 第6類 第7類
甲種 工事整備対象設備等の構造・機能・工事・設備 15問
工事整備対象設備等の性能に関する火災・防火 15問
消防関係法令 15問 15問
基礎的知識 10問
消防設備等の構造・機能・工事・整備 20問
合計 45問 45問
乙種 消防関係法令 10問
基礎的知識 5問
消防設備等の構造・機能・整備 15問
合計 30問

出題形式

筆記試験は、マークシートによる四肢択一式で、あらかじめ与えられた答えの中から正解を一つ選びます。

合格基準

筆記試験において、各科目毎に40%以上で全体の出題数の60%以上、かつ、実技試験において60%以上の成績を修めた者を合格とします。なお、試験の一部免除がある場合は、免除部分を除いて計算します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Follow Me!

PAGETOP
Copyright © 防災ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.